スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

余呉トレイル 中河内~庄野峰越~余呉高原スキー場

  • 2015/09/27(日) 22:26:42

Screenshot_2015-09-28-08-40-06.png

久しぶりのショートコース!
余呉トレイル 中河内~庄野峰越~余呉高原スキー場に連れて行ってもらいました。

昨夜は雨が降っていたのか足元がぬかるんでいました(T_T)

150927c.jpg
登山口はお地蔵さんの隣から。

150927d.jpg
いきなり倒木で巻きルート(>_<)

150927i.jpg
庄野峰越からの分岐はトトロのバス停の横から!

050927k.jpg150927j.jpg

150927e.jpg050927m.jpg

色んなキノコがイッパイ

050927y.jpg
天然ナメコです!

050927l.jpg
河内山タッチ!!

050927s.jpg050927t.jpg
弁当食べながら空を見上げる。

050927u.jpg
可愛い天使のお花。

050927au.jpg
天使を切り取ってみる(笑)

050927w.jpg050927x.jpg
気比の松原と敦賀市を見下ろせる。

050927ab.jpg
余呉高原スキー場に到着!

050927ad.jpg150104a.jpg
今年1月の同じ場所の写真と比較してみる(笑)

久しぶりの低山でしたが獣道、藪漕ぎもあり楽しかったです(^^♪

スポンサーサイト

八ヶ岳 赤岳~横岳~硫黄岳巡りへ

  • 2015/09/21(月) 23:40:39

初めての八ヶ岳!

20日の昼に仲間達とBBQ。
15時過ぎに帰宅し仮眠。
自宅を23:30に出発です。

21日の3時過ぎに赤岳山荘の駐車場に到着。

5時前に南沢から赤岳を目指します。

行者小屋を過ぎると過酷な階段上り(>_<)
150921g.jpg
あんなところ歩けるのか?と赤岳を見上げる。
150921h.jpg


眠気も吹き飛び体のスイッチがオン!
一気に高度が上がっていきます。
途中で高山病か吐いている方もいた・・

右には阿弥陀岳。
今回は行かないが厳しそうです。
150921j.jpg

小屋も小さくなっていきます。
150921i.jpg

階段地獄が過ぎると鎖場・・
150921o.jpg150921p.jpg

最後の梯子を上ると赤岳頂上!
150921s.jpg150921t.jpg

150921u.jpg150921v.jpg

山頂からは周囲の高い山々。
富士山も顔を出しています!
150921w.jpg150921x.jpg

山頂で食事休憩。
そこから横岳方面。
150921af.jpg

ここから縦走し硫黄岳を目指します。

地蔵の頭を過ぎ赤岳を振り返る。
150921ak.jpg150921an.jpg

横岳。
150921aq.jpg

硫黄岳山荘に到着。
硫黄岳を目指します。
150921at.jpg150921au.jpg

先に爆裂火口に寄る。
ここも休火山なのだ!
150921aw.jpg150921ax.jpg

硫黄岳山頂。
150921ay.jpg150921az.jpg

諏訪湖が見える。
150921bb.jpg

赤岳方面。やっぱりカッコイイ!
150921bd.jpg

そこからは単調な下り。
お世辞にも面白いコースじゃない・・
150921be.jpg
150921bf.jpg

最後に林道歩きをし3時半前に無事に登山口に到着です。
150921bh.jpg

今回は寝不足で体調が良くなく前半は睡魔との戦いでした(>_<)
無事に下山出来たが睡眠は十分に取っておかないとと猛反省です。














三度目の白山へ

  • 2015/09/14(月) 18:43:01

Screenshot_2015-09-18-11-16-07.png


過去二回、ガスで未だに景色が見えていない白山に休暇を取り登ってきました!

三度目の正直で快晴!!

今回のコースは別当出合(5:09)~砂防新道~トンビ岩コース~室堂(9:03)~御前峰(9:36)~お池巡り~大汝峰(10:36)~室堂(12:13)~観光新道~別当出合(13:58)

景色を堪能しながらルンルン歩き!!
大汝峰から室堂まで戻り下山開始するとガスが出てきました。
観光新道に入ると真っ白(>_<)
ここからはペースを上げて下りてきました。

今回も無事に下山し展望の湯に入って帰路へ。
展望の湯からは前回と同じく展望は無し(T_T)

150914c.jpg150914d.jpg

150914f.jpg150914g.jpg

150914i.jpg150914j.jpg

150914k.jpg150914l.jpg
南竜山荘辺りは木道が霜で真っ白!初冬です。花も霜で真っ白です。ってか、もともと白色ですけど・・

150914o.jpg150914p.jpg
別山方面と煙を吐く御嶽山。もうあれから1年ですね・・

150914r.jpg150914s.jpg
私以外誰も居ないのでトンビ岩に登りランチ!景色が最高!!

150914t.jpg150914u.jpg
ヘリが室堂に下りていく・・雪渓に寄り室堂を目指します。

150914x.jpg150914w.jpg
天気が良いので恵那山や伊吹山も見えます!

150914y.jpg
御前峰にタッチ

150914z.jpg150914aa.jpg
乗鞍や北アルプスも見えます。

150914ac.jpg150914ab.jpg
御前峰から剣ヶ峰と室堂。

150914ad.jpg
150914ae.jpg
大汝峰にタッチ!!

150914af.jpg150914az.jpg
大汝峰から御前峰と剣ヶ峰、御前峰をズーム!

150914ah.jpg
周回して大汝峰南に戻る。

150914aj.jpg
有難う!室堂にテルテル坊主(笑)
本日は効果ありです!

150914al.jpg
観光新道に入るとガスガス(>_<)

150914aq.jpg

無事に下山しましたm(__)m










お盆休み、久しぶりの更新です

  • 2015/08/17(月) 10:29:18

今年のお盆は来鯉来さんと北アルプスの常念岳へ!

当初の予定では常念岳~蝶ヶ岳への周回を予定していました。
しかしながら生憎の天気(T_T)
計画を大きく変更して常念岳のみとなりましたが無事に山頂まで登ってきました。

雨の中の登山で足元が悪く、翌日には、すっかり筋肉痛でしたが翌々日には職場の後輩二人とロードバイクにてビワイチこと琵琶湖一周してきました。
さすがに従来のペースでは走れなく後輩たちに風除けになってもらいながら付いて行ったので何とか完走できました!!


150814.jpg150814i.jpg

150814o.jpg150814v.jpg

150814w.jpg150814al.jpg

150814ap.jpg150814ac.jpg

150814ad.jpg150814ag.jpg

150814ae.jpg150814af.jpg

150814ba.jpg150814ao.jpg


150814bc.jpg150814bb.jpg

150814ak.jpg


15-08-16.jpg15-08-16a.jpg











市内探検

  • 2015/06/13(土) 16:38:06

梅雨の中休み、軽く走ろうと八草峠ピストンに向かいます。
珍しく今日は3組のサイクリスト達と擦れ違いました!

今日の横山岳、黄砂の影響か霞んでいます。
150613.jpg

八草トンネル横にて休憩。
150613a.jpg150613b.jpg

150613c.jpg


帰路、杉野と杉本の間に水芭蕉らしき花が!
水芭蕉にしては時期が遅すぎるんじゃ・・類似品種?
150613d.jpg

ツツジや梅雨の名物アジサイも。
150613g.jpg150613f.jpg

墓谷山も見えます。
150613e.jpg


杉本まで下りてくると以前から気になっていた「余呉方面」の標識。
ちょっと探検してみよう(笑)
150613h.jpg

この道は県道284号杉本余呉線。
車一台が通れる幅です。
150613i.jpg

しばらく上り坂を進むと怪しいトンネルが出現!
150613j.jpg

杉本隧道というらしい。
入口で写真を撮っているとボートを積んだハイエースがトンネル内に入って行きます。
もうスレスレって感じです。
150613k.jpg

Uターンしようか迷っていたのですが、ハイエースが走る音からして段差は無いと分かり突入します!!
柳ケ瀬トンネルのように信号は無いのでトンネル内で御対面した時はバックで下がるのだろうか?
150613l.jpg150613m.jpg

段差は無かったもののトンネル内が濡れていて自転車がドロドロ(T_T)

余呉側はこんな感じです。
150613n.jpg

こんな道を通るのは地元の方だけかと思っていましたがジェットスキーを積んだ車やバスボートを積んだ車の計三台を見ました。
どうやら岐阜方面からの抜け道として利用しているようです。

帰宅後調べてみるとトンネルマニアには有名なトンネルらしい!
ってか、そんなマニアがいることに驚き(笑)
因みに余呉からは丹生隧道というらしい。


自転車を洗車し午後からプランターにトマトとキュウリを植えました。
去年の土に肥料を混ぜ土作り。
汗だくです(-_-;)
トマトは特価品の50円の苗。
萎れているけど大丈夫かな!?(>_<)
150613q.jpg







己高山 初めて熊に遭遇(T_T)

  • 2015/05/31(日) 18:35:20

雨の予報だったのに晴れている。

先日レコで紹介されていた己高山にクリンソウなる花を見に行ってみようと準備をします。
めっちゃ地元なので車で10分チョイで到着です。
地元とはいえ、この山に登るのは初めてです。
紅葉の季節に過去に何度か計画しましたが全て雨で中止になりました。

湖北では最近、熊の情報が多いので今回は大きめの鈴を付けて行きました。

ジワジワと登りがキツイです。

それでも写真撮りがてら歩き続けると沢山の人の声が聞こえてきます。
駐車場にあったバスの一行みたいです。
直ぐに追いつき道を譲って下さいました。
しかし人数がおられるので「どうぞどうぞ!」と言われると続けざまに急いで登らないといけないので大変です。
いやいや、ご厚意に泣き言言ってはいけませんね・・

ようやく先頭に立ち暫く行くと湿地にクリンソウ登場!!
150531r.jpg150531s.jpg


おぉ、これがクリンソウか!!
コブの木なんかもあり暫く写真を撮っていると先ほどに一行が追いついてきたので先に行きます。
150531u.jpg

後ろから「みなさ~ん、クリンソウが咲いていますよ!良かったですね~」と大きな声が聞こえてきます。
やっぱり、クリンソウ目当てだったんですね(笑)

150531v.jpg
鶏足寺跡

150531t.jpg
フタリシズカ

150531x.jpg
サンニンシズカ!?
(帰宅後調べたら3本も4本もあるらしい)

その先に行くと大きな獣の糞と近くの木が剥がされた跡が!
150531z.jpg
熊なのか!?
そう気にせずに山頂を目指します。

山頂に着き昼食と休憩。
150531zb.jpg150531zc.jpg

山頂からの景色

150531zd.jpg
金糞岳、白倉岳?

150531ze.jpg
奥伊吹?

150531zf.jpg
伊吹山

150531zg.jpg
空が青く雲が流れる

至福の時・・


先ほどの一行も登ってきました。
「みなさ~ん45分に出発しますから~」と聞こえたので先に出発しないと・・
コーヒータイムは止めました。

下山開始、写真を撮りながら歩きます。
しばらく行くと珍しいアゲハ蝶みたいなのが飛んでいます。
「これは写真を撮らないと!」と立ち止って蝶が止まるのを待ちます。
ところが、なかなか止まってくれません。
5分くらい待った時に進行方向先でガサガサと音がし、振り向くと共に鈴が鳴ります。
二頭のクマが左右に逃げました。
距離にして10mほど。
あまりにも近かったのでクマだとハッキリ分かりました(>_<)

そう大きくはなかったのですが今まで静かにシャッターチャンスを狙っていたのに必死でステッキで枝木を叩いていました。

クマの逃げるガサガサ音が聞こえなくなったところで再度上に引き返すか迷います。
結局、恐る恐る前に進むことに・・
小熊と言うには大きかった二頭ですが、二頭でいるところをみると小熊なのかな!?
そうしたら親熊が近くにいて余計に危険です。

なるべく鈴が大きく鳴るように急いで下山します。
もう写真撮影もほぼ無しです。
開けた所しか止まれません。

撮った写真は・・
150531zl.jpg150531zm.jpg

結局、クマを見てからは休憩なしで下りてきました。
150531zn.jpg

150531zo.jpg150531zp.jpg
秋には紅葉狩りに大勢が押し寄せる鶏足寺

帰宅後、嫁に初めて山でクマ見たと話すと「写真撮ってきた?」
撮れるわけないやろ!!
娘にも言うと同じく「写真撮ってきた?」と同じ反応・・(>_<)

山歩きを始めて4年近くになるので、いつかはクマも見ると思っていましたが現実に遭遇すると怖かった・・
トラウマにならないといいけど(T_T)

余呉トレイル

  • 2015/05/24(日) 19:46:43

昨日の栃ノ木峠サイクリングに続き今日も栃ノ木峠近くの奥山!

今回は余呉トレイルクラブの山行に同行させていただきました。
車で中ノ河内集落から半明(廃村)方面に進み登山口まで車で送って貰います。

ほとんど人の入ることのないエリアで私のように素人にはガイドが必要となってきます。
登山口からの激登りは枝木を掴んで登るスタイルです(>_<)
150524.jpg150524a.jpg

いきなり猿の腰かけ発見!
150524b.jpg

「いらっしゃいませ!」ギンリョウソウがお辞儀でお出迎え。
150524c.jpg
見た目はキノコ類ですが植物なんです。
その姿から幽霊茸ともいうそうです。

しばらく行くと犬の鳴き声のような声が!
リーダーが大声で存在を示しています。
リーダー曰く小熊の内は犬の鳴き声のような鳴き方をするそうです。
そう、このエリアは熊の生息地。
リーダーは毎回熊に遭遇するそうです(>_<)

「熊を見たい方は前の方へどうぞ!でないと直ぐに逃げちゃいますよ!!」と声をかけます。
もちろんダチョウ倶楽部のように「どうぞどうぞ!」と後ろに陣取ります(笑)

幸い熊には遭遇しませんでしたがトイレを発見!
150524q.jpg

150524d.jpg
ダンスするブナ。

150524e.jpg
ヤマボウシ

150524f.jpg150524h.jpg

150524g.jpg
点標 大音波

150524j.jpg150524k.jpg
ツアーのお弁当

150524i.jpg
60~120年に一度しか咲かないという笹の花。
教えてもらわなかったら素通りです(笑)

150524m.jpg
P873

150524n.jpg150524o.jpg
ブナの新緑が素晴らしい!

150524p.jpg150524r.jpg
思いがけずイワウチワが残っていました。

150524t.jpg150524u.jpg
可愛いカエルちゃん(手のひら位ありました)

150524v.jpg
下谷山が見えました。

150524w.jpg
名前聞いたけど忘れた。

150524x.jpg
OK!!

150524y.jpg
下谷山到着

150524za.jpg
下谷山から横山岳、金糞岳

150524zb.jpg
この尾根を歩いてきた!

150524zf.jpg150524zc.jpg
下谷山から福井県側に登山道を外れるとブナの原生林

150524zd.jpg
1000mない高くない山なのに所々残雪があります。

150524zg.jpg150524zi.jpg
日本海側に流れる水脈と淀川に流れる水脈の分岐点

150524zh.jpg
ここでもイワウチワ

150524zj.jpg150524zk.jpg
音波山到着

150524zl.jpg150524zm.jpg
ユキザサとブナの巨樹

150524zo.jpg150524zn.jpg
余呉高原YAPとベルク余呉跡

150524zp.jpg150524zq.jpg
無事にベルク余呉入口に下山。
登山口はゲートを越えて直ぐに左側です。


今回は山に熟知したガイドさんに同行させてもらいましたが不明瞭な所が多く地図やコンパスを使えない私のような初心者やGPSを持たない方の入山はお勧めしません。
右も左も景色が同じで遭難する恐れ大です!!

同行させていただいた皆様有難うございましたm(__)m










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
/html>