またまた伊吹山へ

  • 2011/08/27(土) 15:55:48

先々週、登ったばかりなのに「お花辞典」に載っている「イブキトリカブト」が見てみたい!
今回は単独登山ということで自分のペースで登ることに。

早朝5時に上野に到着。
毎度、職場の先輩の親戚に駐車させてもらうのも気が引けるので今回は有料駐車場を利用することに。
登山口横の神社の横、なんと500円駐車場があるではないか!
しかし早朝なので誰も居ない・・
勝手に止めてもいいのだろうか?
「まぁ商売してるんだから後払いでも許してくれるでしょう!」って自己判断で勝手に駐車しました(笑)

5:15 登山開始!!

DSC02794a.jpg

雨後で相変らず蒸し暑い。
一合目到着。
今回は一人なので休憩時間を短縮。
リュックを下ろして水分補給をするのみ。
二合目に向かう途中に後続者が見えてきました。
三合目に向かう途中に吐き気が・・
朝の茶漬けと両替に寄ったコンビニで仕方なく買ったサンドイッチで食い過ぎ状態なのか!?
仕方なくリュックを下ろして座り込みます。

そこに後続者登場。
けっこう年配の方です。
挨拶を交わし黙々と登っていきます。

さっきから休憩していないみたいだから後で追いつくでしょう!って思いながら見送りました。
10分ほど休憩をして再出発。

三合目到着。
またまたトイレ使用禁止。
先ほどの方は止まる様子も無く先を急いでます。
私も後から追いかけますが差は縮まりません(>_<)


きっと五合目で休憩するんだな!?と思い追いかけます。
しかしノンストップだぁ~
私は休憩しないと無理!!
またまた5分ほど休憩し追いかけますが差が拡大している・・当たり前か(笑)
そのうち見えなくなってしまいました。

六合目の避難小屋を過ぎ七合目手前の登山道真ん中の石に動く物体。
よく見るとクワガタ。
今年初めて見ました。
しかし、こんな高い所にも居るんですね~

DSC02801a.jpg
踏まれちゃうと可哀想なので草のほうに放り投げてやりました。

八合目到着。
初めて行堂岩を見られました。

DSC02812a.jpg

さらに先に進みます。
手掛け岩を確認。

DSC02816a.jpg

しかし今回で伊吹登山3回目なんですが九合目の標識を見たことありません。
いつも八合目から頂上までワープです(笑)
そうこうしてると、もうすぐ山頂の景色に!

「やっと」と思いきや私を抜いて行った年配の方が早くも下山して来ました。
なんてタフなんや!!
さすがにレベル違いを思い知らされ納得(笑)

7:30 私も登頂(^_^)v
今回も汗&ガス&草の雫にて全身びしょ濡れ。

さてイブキトリカブト探しをしなくては(>_<)
山頂遊歩道を適当に歩きます。

我が家の方角を見てみると私のサイクリングコースが見えます。
奥の山が山本山で尾上方面です。

DSC02829a.jpg

しかしトリカブトはありません。
再び山小屋方面に向かうとトリカブトは東遊歩道にある事が看板にて分りました。
けっこう歩かなくては・・(T_T)

ベタベタの道を進むとようやく発見!!

DSC02846a.jpg
紫色の綺麗な花です。
これにてミッション完了!

あとは適当に花を撮ってきました。

毎度のツリガネニンジンです。

DSC02837a.jpg

サラシナショウマ?
DSC02848a.jpg

ワレモコウ?
DSC02866a.jpg

クガイソウ?
ルリトラノオとの違いがよく分りません(T_T)

DSC02869a.jpg

さすがに夏花のシーズンは終わりなのか?
お花畑は閑散としていました。

DSC02861a.jpg

あと名前の分らない植物も。
DSC02852a.jpg

三合目の
DSC02879a.jpg



山小屋に戻り飲み物を補充。
家から重いのに持ってきた冷凍ペットボトルが溶けていないから(-_-メ)

1本250円×2本。
100円の上乗せだけなので値段は良心的だと思いますが。

下山の仕度をしているとヤマトタケルと記念撮影してくれと頼まれ快諾。
お返しに私も撮って貰いました。

DSC02864a.jpg

8:40 下山開始。
朝はいなかったのに、えらく今日は登山者が多い!!
明日、「かっとび伊吹」で騒がしく今日登ろうとの魂胆か??
私はそうです(笑)

五合目までノンストップ!
五合目にて小休憩。
といっても水分補給と痛み出した膝にエアーサロンパスを噴射。
5分で出発。
三合目から二合目に下りるときには痛みが酷くなってきました。
二合目から一合目は私の膝が一番嫌う道なので再度二合目にてエアーサロンパスを!

やっぱりキツイ(T_T)

一合目では休憩をせずに麓を目指します。

10:30 到着。

DSC02883a.jpg

今回、登り2時間15分、下り1時間50分と私的にはハイペースで終了しました(^_^)v
ちなみに駐車場代は帰りに支払いました。
確認したところ居ない時は勝手に止めて後払いOKのシステムらしい。

スポンサーサイト



伊吹山

  • 2011/08/17(水) 17:54:48

盆休み最終日、先日の中止した伊吹山登山の代わりに上の娘と早朝5時より伊吹山登山に行ってきました。
前日の雨の影響か山道が滑りまくり目茶苦茶蒸し暑い(-_-;)
娘も嫌がり今回も途中で中止かと思われたが3合目を過ぎた辺りからガスがかかり涼しくなり続行。
しかし視界は10mもありません。
今回の目的の一つが花を見ることなのに・・

DSCN0470a.jpg
他に登山客も少なく殆ど人に会いません。
娘は道が合っているのか心配しまくっていました。

5合目もガスで覆われています。

DSCN0474.jpg

娘を励ましながら少しづつ登って頂上到着。
登山口を出発したのが5:10。
頂上到着が10:00なので前回より1時間半余計にかかっています。
もちろん、道中に休憩を交え花を見ながら上がってきたので仕方ないのですが・・

前回通行止めだったドライブウェイが復旧したので頂上には沢山の観光客がウロウロ。
さすがにガックリきます。
娘に関しては軽装の子供を見て「私はドロドロの登山靴やのに、あの子、クロックスのサンダルやで~!」と丸怒りです。

「まぁまぁ、お前には達成感という大きな宝があるやろ!」となだめますが治まらないみたいです(笑)
しかし、登山中に追い抜かれた何人かの方が娘を覚えていたらしく次々に「やったなぁ~」と優しく声を掛けてくれたので気が治まったみたいです。

今回は頂上もガスで覆われ花見どころじゃありません。
先日忘れた三角点にて記念撮影しソバを食って11時に下山開始。

DSCN0528a.jpg

頂上辺りではガスってるものの花が見えるところもあります。
ソバを食った山小屋で500円を出し花の辞典を購入。

DSCN0554.jpg
DSCN0601.jpg
それを見ながら花の名前を調べるのも楽しいものです。
ただ、よく似た花もあり難しい・・



DSCN0463.jpg
イブキジャコウソウでしょうか?

DSC01541.jpg
コオニユリでしょうか?

DSCN0557.jpg
今回のベストショット!!
アザミに似ていますがタムラソウでしょうか?
アゲハとのツーショットが素晴らしい!


DSCN0496a.jpg
私の一番のお気に入りの花がツリガネニンジンです。

他にも沢山の花を撮ったのですが種類が多くて載せるのが面倒ですので御勘弁を・・(笑)


8合目では少し雨がアタリ始めたので6合目の避難小屋に向かい急ぎます。
しかし7合目辺りからガスも取れ晴れてきて広大な景色が!

DSCN0572a.jpg

後から聞くと今回、避難小屋に鍵が掛かっていたとのこと。
何のための避難小屋?(笑)

DSCN0583.jpg

今回も膝が痛みましたが前回のようなペンギン歩きにはならず無事に下山。
DSCN0595.jpg

娘曰く「二度と登らない!!」って言ってますが来年も行きたいな(^◇^)

サイクリング

  • 2011/08/14(日) 17:16:47

深夜の登山が中止になりモヤモヤ感爆発(-_-;)

それというのも登山の為に足を休めようと自転車も乗ってません。
おまけに登山で体脂肪燃えるからと食いまくってました・・

急遽、明日娘と予定していた市内サイクリングに。
今回計画した市内サイクリングとは琵琶湖を除く面積、県下第一位という長浜市の旧市町を自転車で回るというもの。

まず自転車で自宅から旧西浅井町へ向かいます。
賤ヶ岳トンネルは排気ガスが酷いので山の上の道を走ります。
トンネルを抜けると琵琶湖が!

DSC01542.jpg
飯浦から藤ヶ崎の湖岸を通り塩津に到着。
まず一つ目の旧西浅井町クリアー。

DSCN0378.jpg

また飯浦方面に戻り山越え。
更に賤ヶ岳から旧余呉町へ。
今日は暑く余呉へ行く道でも35℃を表示していました。

DSCN0383.jpg
賤ヶ岳サービスエリア隣の神社。
これで旧余呉町クリアー。

DSCN0387.jpg

そのまま北に向かい木ノ本地蔵へ。
ここも10日後には縁日が行われ人で埋まることでしょう!

DSCN0389.jpg
せっかく空いてる時に来たのだからとカエルの焼き物に願いを込め地蔵さんの足元に!
地蔵さんの足元にあるのは全てカエルです!
ちなみに1ヶ千円。

DSCN0390.jpg
これで旧木ノ本町もクリアー。

そのまま南へ。
国宝「十一面観音像」のある旧高月町クリアー。

DSC01551.jpg
ここで娘はリタイヤ。
っていうのもお盆で従兄弟が帰ってくるから。
サイクリングの日にちを変えているので仕方ないか~


私のみで続行!
片山トンネルを抜けると珍しく鯉釣りの竿が出てました。

そのまま尾上。
旧湖北町クリアー!

DSCN0393.jpg
少し南に行くと最近自転車で通る度に、管理道路一杯にカメラマンが群がっている以前貸し舟屋だった場所が空っぽ。
何を撮っていたんだろうと見ると湖面に鳥の巣らしきものがありました。
ハスなんか他にもあるし「撮っていたのはこれ?」
歩行者や自転車が通っても知らん顔。
撮影のマナー悪すぎです!

DSCN0394.jpg

そのまま姉川河口へ。
道路の気温表示は36℃(-_-;)
これで旧びわ町クリアー!

DSCN0398.jpg
DSCN0399.jpg

そのまま長浜城へ。
旧長浜市クリアー!

DSCN0401.jpg
市街に入ると相変らず黒壁には多数の観光客。


そのまま北へ向かい五村別院へ。
ここら辺の大谷派の親玉です。
これで旧虎姫町クリアー!

DSCN0405.jpg

旧虎姫町から東に向かいます。
今度は大河で売り出し中の旧浅井町。
無料チケットがありながらも未だ行ってません。
近くのプールにはよく行くのですが・・

DSCN0408.jpg
旧浅井町クリアー!

これにて旧一市八町の自転車での訪問完了です。

今回は昼間ということもあり暑さが厳しく500mlのお茶3本、アクエリアス1本、ガリガリ君1本を体内に補給。

思ってたより厳しいサイクリングでした(>_<)

距離にしたら自己最高距離かな。

ヘタレ伝説更新

  • 2011/08/14(日) 02:00:00

予定通り二人の娘を連れて伊吹山夜間登山を決行!
今回は登山口近くにある職場の先輩の奥さんの実家に駐車させて頂く事に。
もちろん無料(^_^)v
地元の夏祭りだったらしく登山口近くの駐車場には祭りを終えたらしき地元の男衆がたむろってます。

深夜0:40登山開始!

DSCN0368.jpg
登り始めて直ぐに下の娘が体調不調を訴えました。
水分を与えてもダメ。
軽い熱中症だといけないので塩熱飴を与えると吐きました(>_<)

これにて下山確定です。
まさか一合目に向かう途中で下山とは・・
どれだけ準備に時間と金を掛けていると思ってるんだ(-_-メ)
今回は掛け捨ての登山保険にも入っているのに。

しかしフラフラしているので下の娘の体調が心配です。
とにかく怪我だけはさせてはいけないので焦らず下山しました。

ところが車に着くと元気になっている。
さっきまで病院に直行かと思っていたのに元気に喋りまくっています(-_-メ)
帰りの車の中では「おにぎり」を食うと言い出します。
さすがに車中で吐かれても困るので止めましたが・・

賤ヶ岳での体力を考えると5合目までは行けると思っていましたが、どうやら暗闇がダメみたいです。
新たにヘタレ伝説が付け加えられました。

二度と下の娘は夜間登山には連れて行きません!!

1:30に帰宅すると嫁さんもビックリ!
「保険代はどうなるの?」

靴慣らし

  • 2011/08/08(月) 17:08:47

夜勤初日の寝る時間を削って娘二人を連れて賤ヶ岳に。
娘に新しく買った登山靴の慣らしのためです。

上の娘は初めての賤ヶ岳です。

DSC02779a.jpg
先日と同じく登って行くと木に動くものを発見。
足の長い気持ちの悪いクモ(>_<)
何て名のクモなんでしょう?

DSC02781.jpg

無事に頂上に到着。
DSC02785.jpg

今回は道を間違えずに余呉湖荘へ下りる道へ。
しかし、この道が思ってより険しい。
っていうか下り始めの階段になっている所が下の娘の歩幅には厳しく直ぐに足にきました。
それでも頑張って下山。
国民宿舎横の自販機横に出ると鯉釣りしてる御二方が。
娘を思うと見に行く気も起こらず国民宿舎でアイスを購入し休憩です。

勿論、再度山を登らなければ車まで辿り着けません。
下の娘は「登らない!」ってクズりましたが山を登らないと山を回らないといけないと説得。

結局、渋々登りだしました。
ところが汗に誘われてか耳元に小さな虫がホバリングする音を嫌がります。
これに関しては、上の娘までグズり出しました(T_T)

何とか、なだめながら頂上まで到着。
二人とも爆発寸前だったので下山はリフトを利用。
何とか機嫌もおさまり16時過ぎに帰宅です。
予定より時間がかかり寝る時間が・・(T_T)

試合

  • 2011/08/07(日) 19:40:37

今日は朝から6チームによる子供達の柔道の試合でした。

今回は上の娘も下も娘も個人戦、団体戦に出場できます。

結果は?

上は個人戦で1回戦に勝ったのみ。団体も負けました・・

下は個人戦、団体戦共に3位。

去年は団体戦に紛れ込み情けない試合でした。
それでも棚ボタの銅メダルを貰ってきました。

しかし、今回はちゃんと実力で銅メダル取ってきました!
レベル的に2~4位は「団栗の背比べ」でしたが少し勝つ喜びを味わったようです。

DSCN0363.jpg

午後からは「大見いこいの広場」にて恒例のBBQ!
中学生も参加してくれて大賑わいにて終了しました。

また来年の試合後のBBQが待ち遠しいです(笑)

軽登山

  • 2011/08/06(土) 20:38:31

前回の伊吹山登山が不本意だったので再度お盆に登る予定を立てました。
しかし、話を聞いた下の娘も行きたいと・・(>_<)
登れるんだろうか!?
ヘタレの下の娘では途中で動かなくなる予感が・・

そこで今日のスイミングスクールの前に、急遽、下の娘を連れて近場の賤ヶ岳でテストしてきました。
私も子供の時にリフトで上がったのみです。
だから、どんな山かも分りませんが最悪リフトで下ろせばいいかぁ?

登山口から登るも誰も登山なんかしてません(>_<)
みんなリフトで頂上目指してます。

結構、道は悪いけど唯一の救いは立木で陰になっていることくらい。
それでも昼間の山登りは汗ビッショリ(^_^;)

娘はグダグダ言いながらも一応登りきりました。

頂上から奥琵琶湖を見渡します。

DSC00316a.jpg
飯浦から藤ヶ崎です。

南の山本山方面を見ると。

DSC00313a.jpg

反対は余呉湖。
DSC00309a.jpg

初めに書いたとおり、急遽の軽登山だったので水筒とタオルのみ持参でデジカメを忘れたので携帯写真です・・

そのまま余呉湖荘に下りようと思って進むも道を間違え余呉駅に向かって山を歩いてしまい大きな時間ロス(T_T)
結局、引き返し余呉湖荘に下りるとスイミングスクールに間に合わないため断念。

足が痛いと言い出したので娘のみリフトで下山。
私は下りの練習がしたかったので足で下りました。


さて娘は伊吹山登山が出来るのか!?
一応、大甘で合格かな?

ドライブウェイも開通したみたいだし、最悪は嫁さん呼んで下りは車かな?(笑)
通行料3千円は高いけど(T_T)

結局、スイミングスクールの前に娘の登山靴を買ってきました。

さてお盆はどうなることだろう??

とりあえず、明日の柔道の試合で足が痛いと言わないことを願います。


/html>