伊吹山夜間登山

  • 2013/07/28(日) 12:10:37

土曜日から日曜に変わる深夜0時から地域のフリ-・スポーツの仲間と御来光を見に伊吹山に登りました。

今回はトラブルに見舞われハードな登山となりました(>_<)

と言うのは小学4年の次女を連れて行ったのですが3合目手前でリタイヤ!
昼間には登頂しているし体力的には問題ないのですが暗闇がダメなんです(>_<)

2年前の夜間登山でも1合目に行くまでにリタイヤした過去があります。

と言うわけで他の方に迷惑をかけられないので来た道を二人で下山。
今回、数人を車に乗せてきているので私は帰れません。
連絡をして登山口に迎えに来た嫁さんに引き渡します。

三ノ宮神社では若い山ガール3人が登山前に楽しそうにおしゃべり中。
対照的に私は再び頂上を目指さなければいけないので憂鬱顔(>_<)

深夜2時15分に再度登山口から登ります。

日の出が4時半なので歩き続けます。
昼間と違い夜間登山は視界が狭いので歩きづらいのですが、その分写真撮影休憩を削除しました。

頂上を目の前に空が明るくなってきます。
何とか間に合いそう。

仲間達を見つけ合流。

頂上に着いた時には雲の中だった太陽が徐々に姿を現します!!

DSCN1282a.jpg
DSCN1283a.jpg

御来光も見たし下山開始。

ふと振り返ると山頂がガスっていました。
やっぱり山は気まぐれ。

今回は余計に歩いたけど結果オーライってことで気分よく帰宅しました(^o^)

スポンサーサイト



北湖一周

  • 2013/07/21(日) 10:45:54

先週末の伊吹山登山と週半ばのビーチバレーで筋肉痛が残る中、北イチこと北湖一周に行って来ました。

肌寒いくらいの朝7時前に自宅を出発。
反時計回りに自転車を走らせます。

珍しく二本松と海津の間で野研スタイルの鯉釣りの方が出していました。
昔は、夏に奥琵琶湖に通っていた事を思い出しながら通り過ぎます。

涼しいのでひたすら自転車を漕ぎ新旭の風車村で初めての休憩。

DSCN1226a.jpg

次に白髭で写真撮りがてら休憩を取ろうと思っていたら琵琶湖の鳥居の横にバスボート。
写真撮る雰囲気じゃなかったのでスルー(>_<)

そのまま琵琶湖大橋の道の駅へ。

道の駅で小休憩を取り琵琶湖大橋を渡るころに足が重たくなってきました。
やはり先日からの疲労は隠せません(ToT)

ペースを落として橋を渡ると直ぐにヒマワリ畑!
黄色が凄くキレイだったので暫らくお花見タイム。

DSCN1230a.jpgDSCN1234a.jpg

ヒマワリに元気をもらったつもりでしたが身体は正直・・
やはりペースは上がりません。
昼に近づくと夏らしい暑さに道路からの熱で気が遠くなりそうに(>_<)

結局コンビニのオニギリ、ガリガリ君、ミネラルウォーターに助けられ2時半に帰宅です。

伊吹山夜間登山

  • 2013/07/15(月) 00:30:00

三連休の真ん中の日曜日。
今日は以前から予定していたイブキボタル観賞夜間登山の日!
しかし生憎の天候不順。

下から見る山は小雨が降りガスですっぽり覆われています。
同行者の釣り仲間の来鯉来さんと山を眺めながら実行の決断に迷いました(>_<)

結局、危険と判断した時点で引き返すことを二人で確認し18時に登り始めました。
伊吹山は一本道で道に迷う心配はないが雨で滑りやすい(ToT)

時々晴れ間はあるがガスで視界は2m未満。
しかし大きく天気も崩れず21時を回った頃に頂上に到着。
真っ白でヤマトタケルが留守かと思いました・・(笑)

DSCN1210a.jpgDSCN1215a.jpg



頂上に着いてから山頂でホタルを探すもガスで全く見えません。
そもそもいるのか!?

電気の点いている山小屋の主人にホタル情報を尋ねると「今日は乱舞は無理!」とあっさり答えが返ってきました(ToT)
「草の中を覗くと光ってるのは見える。」と主人が言うので覗いてみたが全くいない・・

ガッカリと同時に汗と霧雨でびしょ濡れの身体が強風で冷えてきました。
避難小屋を提供してくれている伊吹山寺で着替えを済ませ長居は出来ないと下山開始。

帰りは更にガスが酷く視界は1mくらい。
複数の道がある普通の山なら確実に遭難ですね。
上り慣れた一本道の伊吹山でなかったら登りませんでした。

7合目で休憩を取っていると道の端で何かが光りました!
幻のイブキボタル(姫蛍)発見!!
諦めていたので凄く嬉しかったです!

イブキボタルa

その後、7合目から6合目にかけて数匹のホタルの光を確認できました。

次に3合目で白黒の見たことない蛇を来鯉来さんが発見!!
写真を撮っておきました。

シロマダラa


結局、深夜0時に無事に下山しました。
今回は安全のためスローペースで頂上滞在時間を含め往復6時間もかかってしまいました。



帰宅後、蛇について調べてみると「シロマダラ」というらしい。
普通に生息しているらしいが夜行性なので見ることが出来るのは稀みたいです。
これまた、幻の蛇ですね・・

最後に今回暗い中見ることが出来た植物達・・


DSCN1150a.jpgウツボグサa

カワラナデシコaクサフジa

シシウドaシモツケa

ミヤコアザミaヤマアジサイa

ヤマホタルブクロaイブキジャコウソウa

ユウスゲ1aユウスゲa






/html>