霊仙へ

  • 2014/11/24(月) 20:34:07

Screenshot_2014-11-25-15-02-45.png


初めての霊仙山へ仲間と共に!
生活圏からは伊吹山と共に目につく山ですがヒルが出るとのことで行ったことありませんでした。
さすがに、この時期にはいないだろうと榑ヶ畑登山口から歩いてみました。

仲間3人を迎えに行き8時過ぎに醒ヶ井渓谷に到着。
登山客と思われる車に前後を挟まれ登山口へ向かいます。
車が大きいので登山口には止められないだろうと手前の広いスペースにIN。

準備をし登山口に向かいます。
やっぱり駐車場は埋まっていました。
手前に止めてきて良かった・・
141124.jpg141124a.jpg

141124b.jpgDSCN4543a.jpg

DSCN4546a.jpg141124d.jpg


汗拭き峠から落合コースに進みます。
直ぐに急下り。
木のツルを見つけた仲間がターザンごっこ。
もうすぐお爺さんになるのに・・(笑)
141124g.jpg


渡渉などもありましたがダラダラと下ります。
141124f.jpgDSCN4569a.jpg

落合の廃村に着くと工事中で通れません。
廃屋の方へ迂回させてもらい何とか通り抜けます。
DSCN4572a.jpg


落合登山口には通行不可の警告が!
汗拭き峠の分岐には看板は無かったはずだが!?
 
今畑登山口から再度山頂を目指します。
これまで、ふっかふかの落ち葉のカーペットが快適です。
141124h.jpg141124i.jpg

141124p.jpg141124q.jpg

しかし高度が上がると石灰石に変わっていきます。

突如、石灰石の急斜面が!
DSCN4593a.jpgDSCN4591a.jpg

これは写真どころじゃありません(笑)
背面の景色は最高なんだけどね。
通ってきた落合の廃村も小さく見えます。
141124r.jpg141124j.jpg

二段になった斜面を登りきると今度はガレ場の尾根です。
足をやってしまわないように気を付けます。
DSCN4605a.jpg141124t.jpg

DSCN4609a.jpg141124u.jpg

DSCN4612a.jpg141124l.jpg


ようやく最高地点。
141124w.jpg141124x.jpg


ここでランチです。
DSC_141124ad.jpg

風は冷たいですが天気が良く気になりません。

しかし頂上付近は広いなぁ~
ガスが出たらヤバそう・・

霊仙三角点にタッチし榑ヶ畑登山口を目指して下ります。
DSC_141124ae.jpg

汗拭き峠まで下りて再度落合コースへの分岐点を確かめます。
「落合コース通行不可!!2014・10・15」のニャンコのメモ書きが・・
141124ab.jpg

私達と同じく周回された方が帰りに残されたのでしょうか??

工事のため?道荒れのため?
通行不可の理由は不明ですが小さなことも見逃してはいけません!ね。

「山小屋かなや」まで下りてくると私らの後に落合コースを進まれた方が怪我なさったとか・・
大事に至らないことを願います。












スポンサーサイト



山門水源の森へ

  • 2014/11/22(土) 14:56:59

夜勤明けで軽く山歩き!

二回目となる福井県との境の山門水源の森を歩いて来ました。
Screenshot_2014-11-22-14-03-57.png

森と言っても里山ですが・・
141122a.jpg

8時半頃に管理棟に寄り記帳し協力金200円を払い入山します。

駐車場には私の車しか無かったので一番乗りです。
今日は団体客があると知らされ山道での渋滞を避けるためにサクッと周ることに!

観光客が多いせいか水源地までは木屑を敷いて歩きやすいようになっています。
141122c.jpg

かなり整備された里山です。

沢沿いのコースから入ったけど熊除け鈴の音が自分でも聞こえない・・
万一近くに熊がいたら気づいてくれるだろうかと不安です(>_<)
141122b.jpg141122d.jpg

たいした山じゃないので健脚コースで(^^♪

141122e.jpg141122g.jpg

141122h.jpg

141122i.jpg141122j.jpg
頂上付近から奥琵琶湖と伊吹山。

141122k.jpg141122l.jpg

141122m.jpg141122n.jpg

141122o.jpg141122p.jpg

141122q.jpg141122r.jpg

141122s.jpg141122t.jpg

141122u.jpg141122v.jpg

141122w.jpg141122x.jpg

無事に下山し下山時間を記帳し駐車場まで下りてくると乗用車2台とバスが2台。
まさに団体客が準備運動している真っ最中でした!

もう少し遅ければ一人ぼっちの山歩きが台無しになるところでした(笑)









鶏足寺

  • 2014/11/19(水) 13:19:19

夜勤明け。
ぶらっと自転車で鶏足寺まで走ってきました。

今年から入場料200円也!

今年は赤が少なく傷んだ葉が多いのでイマイチでした(>_<)

141119k.jpg

141119a.jpg

141119b.jpg

141119c.jpg

141119d.jpg

141119e.jpg

141119g.jpg

141119h.jpg

141119i.jpg

141119j.jpg


3年ぶりにメーターGET

  • 2014/11/02(日) 15:16:23

先週、ナニワ鯉さん主催の鯉釣り大会がありました。
生憎、私は土曜日が出勤だったので土曜の夜から日曜の午前中まで琵琶湖で竿を出しました。

車を乗りかえ初めての鯉釣り。(春以来竿を出していない・・)
結局、大会終了時間までアタリなし(>_<)
まぁ、今秋初めて竿を出して釣ろうって根性がダメなのか!?
あえなく撃沈!

午後になり諦めて顔馴染みの漁師と話し込んでいるとドラグ音が聞こえてきます。
漁師にも聞こえたらしく大きな声で「来よったぞ!!」って。

竿まで走って行き(かなり離れているので大変)久しぶりの感触を堪能。
これは大物特有の引きだと自分を落ち着かせ慎重にやり取り。
ところが経験上滅多に行かない北に逃げます。
北は浅いので竿との角度を考えるとバレやすい・・

結果、10mまで寄せた所で姿を見ずに抜けました(T_T)


この悔しさを一週間忘れられず今週も夜勤明けでドシャ降りの中、琵琶湖へ!

一発目のアタリは思ったより早くきました。
ドシャ降りの中やり取り開始。

お~これは先週逃した奴を上回る手応えです。
慎重に近くまで寄せて浮かせようと力を入れた瞬間ラインブレーク(>_<)
何が起こったのか分からない・・
ラインに傷がいっていたのか?

竿をピトンに乗せると隣の竿が沈みます。
お~Wヒットか?
今度のは引きは弱いがライン途中に藻がギッシリと巻き付いて大変でした。
今秋初めての鯉さん。
DSC_141101a.jpg

仕掛けを入れ直し再び遠投の竿にアタリ。
またまたドシャ降りの中行くが5mほどラインが出て抜けていました(>_<)
新車はベタベタになるしテンション最悪です・・

午後になり雨も止みウトウトしていると再び遠投の竿にアタリ。
90くらいかなと思える引きでしたが近くまで寄せて姿が見えると横幅がデカイ!!
今回はバラさずゲGETできました(*^^)v
DSCN4244a.jpg

3年ぶりのメーター鯉です!!

DSCN4246a.jpg

エラ内にはヒルがイッパイ(>_<)
ちゃんと掃除してリリースしました(笑)

それから暗くなる前に遠投竿にアタリがありましたが糸は全く出ていませんでした。
全ての竿を餌替えし爆睡(-_-)zzz
夜中の餌交換はサボり、全く起こされませんでした(笑)
夜明け前に起き餌交換。
午前の部に備えます。
DSCN4269a.jpg


7時過ぎに同じ遠投竿にアタリ。
もう他の2本は」片付けたほうが良いのか!?
竿に着くと70m糸が出ていました。
投入地点が56mで126m沖にいるのか。
藻が付いてこなければいいけど・・

重いが引きが無い・・
何かおかしい。
しいて言えばヒレにも糸が掛かって横向きに鯉を上げている感じです。

上がってきたのはメーターには届きませんでしたが大型でした(^^♪
DSCN4270a.jpg

おかしかった原因は?
DSCN4273a.jpg

糸切れしたルアーが付いていたためでした。(タモから外すのに針先を全てカット)
余分な力は要るし、引きは楽しめないので喜びは半減(>_<)

その後、入れポンで同じ竿に70台。
DSCN4275a.jpg

アタリはそこまで。
午後から雨の予報なので竿が乾いている内に午前で撤収しました。

遠投竿にしかアタリがなかった理由を推測。
ここは今夏にミオ筋を浚渫し船道は例年よりメタンガスが酷い。
底から堆積ゴミがイッパイ浮き上がってくる。(これもラインに引っ掛る)
餌が豊富と良かれと思っていたミオ筋は外れで遠投の砂地のほうが当たりだったのか?

まぁ、結果オーライってことで今年の秋も終了か!?(笑)


/html>